介護の知識

清拭、これでバッチリ!正しい方法で利用者さんの身体の清潔を保とう

入浴やシャワー浴ができない方は身体を拭くことで清潔を保ちます。身体を拭くことを「清拭(せいしき)」と言います。
清拭は、皮膚の汚れを取るだけでなく、血行促進の効果もあります。さらに、全身清拭では、利用者さんの全身の皮膚状態を確認できるほか、利用者さんの手足を動かすため、関節が硬くなることを防ぎます。
清潔の保持だけでなく、さまざまな効果がある清拭。とても大切な介助のひとつです。

この記事では、清拭について、定義や準備、手順や注意点などをご紹介します。

清拭とは

清拭とは、お湯をしぼったタオルなどで身体を拭くことによって、身体の清潔を保つ方法のこと。
福祉の分野においては、入浴ができない利用者さんに清拭を行います。
清拭によって、皮膚の汚れを取るとともに、身体のかゆみによるイライラを解消することで、精神の安定を図ります。手と足などを拭く「部分清拭」と、全身を拭く「全身清拭」があり、利用者さんの体力や体調の度合いに応じて、臨機応変に対応します。

清拭の準備

清拭を行うにあたって、用意するものと適した環境についてご紹介します。

用意するもの

  • バケツ
  • 55℃くらいの熱めのお湯
  • 石けん
  • 洗面器
  • ビニールシートもしくは大きなごみ袋
  • 着替え
  • タオル数枚
  • ゴム手袋もしくはディスポの手袋
  • バスタオル
  • 必要に応じてローションやパウダー、塗り薬など

適した環境

  • 利用者さんの体調が良いときに行う
  • できるだけ暖かい日中に行う
  • 室内が寒くならないように温度調節をする

身体を拭く手順

準備や環境を整えたら、身体を拭きましょう。

清拭は、身体の上部から下部、そして陰部の順に拭きます。

顔→首→腕・手→胸→腹→背中→腰→両足→陰部

具体的な清拭の手順は、下記で紹介します。

声掛けや寒暖差に注意!清拭前の手順

① 利用者さんに「これから清拭を行います」と声掛けをし、了承を得る

利用者さんの体調が悪ければ、無理をせずに部分清拭に切り替えるか、清拭をやめましょう。

② 衣服を脱がせて、タオルケットやバスタオルで覆う

寒気を感じさせないように上半身と下半身で分けて行いましょう。

③ お湯に入れてしぼったタオルは、利用者さんに触れる前に自分の身体に当てて熱さの確認をする

熱さを確かめるときは、自分の腕の内側に当てます。

順番や汚れのたまりやすいところに注意!清拭中の手順

④ 顔と首の拭き方

目頭から目尻に向かって拭きます。額や鼻を拭き、鼻から外側に向けて、頬を拭きます。
耳の裏と首は汚れが溜まりやすいので、念入りに拭いてください。

⑤ 腕・手の拭き方

手首を軽く持って、腕、手を拭きます。
手首を持つ手に、力を入れすぎないようにしましょう。

⑥ 胸・腹の拭き方

胸は円を描くように拭きます。
お腹も、おへそのあたりから円を描いて拭きましょう。
女性の場合は、胸の下に汚れが溜まりやすいので、念入りに拭いてください。

⑦ 背中・腰の拭き方

背中や腰、お尻は体位を変えて拭きます。
腰から背中に向けて、拭いていきます。
お尻は、円を描きながら拭きます。
お尻も褥瘡ができやすい部位なので、血行を促進するためにやさしく、念入りに拭いてください。
寒気を感じないように、タオルで覆いながら拭きましょう。

⑧ 両足の拭き方

片足ずつひざを曲げながら、かかと・くるぶしを拭き、足首から太ももに向けて拭いていきます。
かかとは褥瘡ができやすい部位です。
赤くなっている場合は、そっと触れる程度で刺激を与えないようにしましょう。

⑨ 陰部の拭き方

陰部・肛門は、タオルを変えて、陰部用のタオルを使用します。
男性・女性ともに、陰部→肛門の順で拭きましょう。
男性の場合は、陰茎のしわを伸ばし、しわの間の汚れも見落とさずに拭きます。
女性の場合は、汚れがたまりやすい大陰唇・小陰唇を中心に丁寧に拭きます。
汚れが多いときなど、必要に応じて、陰部洗浄も行います。

衣類のシワや室温などの環境に注意!清拭後の手順

⑩ 塗り薬や保湿液など、必要なものを塗布する

利用者さんがいつも使用している塗り薬や保湿液に加えて、医師や看護師の指示のもと、その日の皮膚状態によって必要なものを塗布します。

⑪ 用意してある洋服を着せ、整える

できれば新しい衣類に着替えさせ、整えます。
特に背中や脇、シーツやタオルのしわをしっかり伸ばします。

⑫ 環境を整え、物品を片付ける

体調の確認をし、室温を変更した場合は元に戻します。物品を片付け、あいさつをして退室し、終了です。

清拭の効果

清拭には、以下のような効果があります。

  • 血液循環の促進
  • 温かいタオルで身体を拭くことによって、身体が温まり、血行が良くなります。血行が良くなると、拘縮が和らいだり、褥瘡予防につながります。

  • 精神的にも身体的にも健康になる
  • 清拭をすることによって、汗や肌の汚れが取り除かれ、肌の清潔が保たれます。身体の清潔が保持されることによって、外出や社会活動への参加の意欲がアップし、精神的も安定します。  

     

    清拭の注意点

    清拭を行うときには、以下の点を注意しましょう。

    • 食事の前後1時間や、リハビリ後などで体力が消耗している時間帯は避けましょう。バイタルサインにも注意をして行い、必要であれば部分清拭に切り替えるなど、臨機応変に対応します。
    • むくみがある、または皮膚の弱い利用者さんには、圧をかけすぎないように注意しましょう。皮膚がはがれてしまう皮膚剥離(ひふはくり)につながります。
    • 石けん清拭の場合は、石けんが残らないようにしっかりとふき取りましょう。かゆみや皮膚が赤くなる発赤の原因となってしまいます。
    • 乾燥や発赤、むくみや褥瘡がないか等の全身の皮膚状態をしっかりと観察し、記録します。
    • プライバシー保護のため、必要以上の露出を避けてケアを行いましょう。
    • 清拭に対して不安や苦痛のある利用者さんもいます。適宜声をかけながらケアを行いましょう。
    • 次の部位は汚れやすいところです。気をつけて、念入りに拭きましょう。
    念入りに拭いたほうがいい部位
    • 耳のうしろ
    • 首まわり
    • お腹のしわ
    • おへそ
    • 太ももの付け根
    • ひざ裏
    • 足裏
    • お尻
    • 陰部

    清拭の動画

    清拭の方法を動画でもご紹介します。次の動画をご参考にしてください。

    【上半身の清拭方法の動画】

    下半身の清拭方法の動画はこちら

    残存機能を活かして、QOLの向上を目指そう

    清拭は清潔を保持するとても重要な行為です。
    清潔が保持できなければ、感染の原因となるだけでなく、皮膚異常の発見の遅れにもつながります。また、入浴ができない利用者さんにとって、身体を拭いてもらうことは日常生活の一部となります。
    ベッド上で生活している利用者さんの残存機能を活かしつつ、QOLの向上を目指した関わりができるようにひとりひとりに合わせたケアを行いましょう。

    参考サイト
    安心介護 「清拭(体をふく)の方法」(2017年7月12日)
    いまさら聞けない看護技術「全身清拭」(2017年7月12日)
    ナースのヒント「清拭の看護 清拭の目的と手順、看護計画と観察項目について」(2017年7月12日)

    The following two tabs change content below.
    介護のお仕事研究所

    介護のお仕事研究所

    介護職やケアマネなどの介護業界専門の転職支援サービス「介護のお仕事」です。「介護のお仕事研究所」は、現場で働く介護職のためのメディアとして運営しています。お役立ち情報や最新の求人情報は各SNSでも最新情報を受け取れます!
    ABOUT ME
    介護のお仕事研究所
    介護のお仕事研究所
    介護職やケアマネなどの介護業界専門の転職支援サービス「介護のお仕事」です。「介護のお仕事研究所」は、現場で働く介護職のためのメディアとして運営しています。お役立ち情報や最新の求人情報は各SNSでも最新情報を受け取れます!