介護の資格

福祉用具で高齢者をサポート!「福祉用具専門相談員」の取得方法や受講内容などを解説

介護に関わる専門職と連携しながら、高齢者の自立した生活を、福祉用具でサポートする専門職が「福祉用具専門相談員」です。
介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所に2名以上の配置が義務付けられています。

福祉用具専門相談員に興味がある人は必見!
仕事内容や資格取得の方法、資格取得のメリットなど解説します!

福祉用具専門相談員とは

福祉用具専門相談員
福祉用具専門相談員とは、介護保険を使って福祉用具を利用する利用者さんやその家族の要望に応じて状況にあった福祉用具の選定をし、使い方などの相談や用具の調整などを行う専門職です。
介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所には、2名以上の配置が義務づけられています。
他の介護保険サービスの専門職と連携しながら、高齢者の自立した生活を福祉用具でサポートします。

福祉用具専門相談員の資格は、福祉用具を扱う販売店やレンタル事業者だけでなく、介護現場でも活かせます。
ケアマネジャーや利用者・家族、福祉用具メーカーとのやり取りも行うことがあります。

どんな仕事をするの?

福祉用具専門相談員 仕事内容
福祉用具専門相談員の主な仕事内容は以下の通りです。

福祉用具の選定相談
利用者の状態や使用環境などから、福祉用具で解決出来ることを一緒に考え、一人ひとりにあった福祉用具を選ぶお手伝いをします。
計画作成
相談内容にもとづき、福祉用具の利用計画(福祉用具サービス計画)を立てます。
適合・取扱説明
利用者の状態や使用環境に合わせ、福祉用具の調整を行います。
また、福祉用具を安全かつ有効に使ってもらえるよう、取り扱いについて説明します。
訪問確認(モニタリング)
定期的に利用者の家を訪問し、福祉用具の点検や使用状況の確認を行います。
事故が起きないようにするのも仕事のひとつです。

参考:一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会

福祉用具専門相談員になるには?

福祉用具専門相談員 研修

福祉用具専門相談員になるには、下記の2つの方法があります。

  • 都道府県知事の指定を受けた研修事業者が実施する「福祉用具専門相談員指定講習」を修了する
  • 福祉用具に関する知識があるとみなされる国家資格(※)の保有者
※要件を満たす国家資格
介護福祉士 社会福祉士 看護師 準看護師
保健師 理学療法士 作業療法士 義肢装具士

要注意!制度変更により福祉用具専門相談員の業務ができなくなった資格

2015年4月の制度改正により、下記の資格は、福祉用具専門相談員となるための要件から除外されました。

福祉用具専門相談員の業務ができなくなった資格

  • ホームヘルパー2級・1級
  • 介護職員基礎研修
  • 介護職員初任者研修

福祉用具専門相談員指定講習について

下記では、福祉用具専門相談員指定講習の詳細情報を解説します。

講習の受講条件

講習の受講条件はありません
だれでも受講することができます。

講習の内容

福祉用具専門相談員の講習は50時間(7日程度)です。
講習の最後には、修了評価試験(筆記)を受ける必要があります
※2015年4月1日の制度変更により、受講時間が40時間から50時間に増え、修了評価試験が追加されました。

カリキュラムは以下の通りです。

1.福祉用具と福祉用具専門相談員の役割

 
科目 内容
福祉用具の役割(1時間) 福祉用具の定義と種類
福祉用具の役割
福祉用具の利用場面
福祉用具専門相談員の役割と職業倫理(1時間) 介護保険制度における福祉用具専門相談員の位置付けと役割
福祉用具専門相談員の仕事内容
職業倫理

2.介護保険制度などに関する基礎知識

 
科目 内容
介護保険制度等の考え方と仕組み(2時間) 介護保険制度等の目的と仕組み
地域包括ケアの考え方
介護サービスにおける視点(2時間) 人権と尊厳の保持
ケアマネジメントの考え方

3.高齢者と介護・医療に関する基礎知識

 
科目 内容
からだとこころの理解(6時間) 加齢に伴う心身機能の変化の特徴
認知症の理解と対応
リハビリテーション(2時間) リハビリテーションの基礎知識
リハビリテーションにおける福祉用具の役割
高齢者の日常生活の理解(2時間) 日常生活について
基本的動作や日常生活動作(ADL)の考え方
介護技術(4時間) 日常生活動作(ADL)における基本的な介護技術
住環境と住宅改修(2時間) 高齢者の住まい
住環境の整備
介護保険制度における住宅改修

4.個別の福祉用具に関する知識・技術

 
科目 内容
福祉用具の特徴(8時間) 福祉用具の種類・機能および構造
基本的動作と日常の生活場面に応じた福祉用具の特徴
福祉用具の活用(8時間) 各福祉用具の選定・適合技術
高齢者の状態に応じた福祉用具の利用方法

5.福祉用具に関わるサービスの仕組みと利用の支援に関する知識

 
科目 内容
福祉用具の供給の仕組み(2時間) 福祉用具の供給の流れ
福祉用具の整備方法
福祉用具貸与計画などの意義と活用(5時間) 福祉用具による支援の手順の考え方
福祉用具貸与計画等の意義と目的

6.福祉用具の利用の支援に関する総合演習

 
科目 内容
福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画などの作成(5時間) 事例演習

 

福祉用具専門相談員指定講習を提供するスクールについて

実際に、福祉用具専門相談員指定講習を開講しているスクールの一部を紹介します。
多くのスクールは、受講費用は4~7万円程度、受講期間は6~8日間で開講しています。

スクール名 受講料 拠点
三幸福祉カレッジ 64,000円(エリア①:北海道・岩手県・宮城県・山形県・千葉県・神奈川県・静岡県・鳥取県・沖縄県)(テキスト代込・税別)
45,000円(エリア②:愛知県・福岡県・長崎県)(テキスト代込・税別)
千葉教室
横浜教室
静岡教室
名古屋駅前教室
米子教室

※時期により開講教室が異なる場合あり。詳しくは三幸福祉カレッジに問い合わせください

藤仁館医療福祉カレッジ 59,800円(教材費、消費税等すべて込) 池袋校
大宮校
熊谷校

※時期により開講校が異なる場合あり

ヘルス・ケア・サポート・ハクビ 35,000円(テキスト代込・税込)
※ハクビ卒業生・受講生なら1万円引きの25,000円(テキスト代込・税込)
大塚校

そのほか、全国各地でスクールが開講されています。受講を検討している方は近くのスクールの開講状況を確認してみてください。

資格取得のメリット

福祉用具専門相談員
日本が超高齢社会に向かいつつある今、福祉用具専門相談員のニーズはますます高まると推測されます。
介護の仕事に携わるうえで、福祉用具の知識は欠かせないものです。
利用者さんと介護者双方の視点からみて、それぞれの需要にあうような福祉用具の選定をするなど、総合的なアドバイスを行うことができる福祉用具専門相談員。
福祉用具のプロとして、利用者さんや家族だけではなく、介護職やリハビリ職などの関係者からも厚い信頼を得られるでしょう。

現状の介護現場では福祉用具に対する知識・情報不足から、用具をうまく使いこなせていないパターンも少なくありません。
福祉用具を必要としている人に適切なアドバイスを行える福祉用具専門相談員は、これからますます必要とされていくでしょう。
スキルアップの目的でも受講する価値がある資格。
興味のある方はぜひ取得を検討してみてはいかがでしょうか。

介護業界でキャリアアップを目指すなら

福祉用具専門相談員を目指している方も資格取得を迷っている方も、今よりもっとキャリアアップをしたいと思っていませんか?

転職であれば、資格だけでなく人柄なども評価され、給与アップやキャリアアップにつながる可能性があります。現状に不満がある方は、ぜひ「介護のお仕事」にご相談下さい。経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたの転職を一から支援します!お気軽にご相談ください。
担当のアドバイザーがあなたの条件を丁寧にヒアリングして、あなたに合った職場を見つけます!

↓↓こちらをクリック↓↓
介護の転職サイトに登録する

The following two tabs change content below.
介護のお仕事研究所

介護のお仕事研究所

介護職やケアマネなどの介護業界専門の転職支援サービス「介護のお仕事」です。「介護のお仕事研究所」は、現場で働く介護職のためのメディアとして運営しています。お役立ち情報や最新の求人情報は各SNSでも最新情報を受け取れます!
ABOUT ME
介護のお仕事研究所
介護のお仕事研究所
介護職やケアマネなどの介護業界専門の転職支援サービス「介護のお仕事」です。「介護のお仕事研究所」は、現場で働く介護職のためのメディアとして運営しています。お役立ち情報や最新の求人情報は各SNSでも最新情報を受け取れます!